Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C23] 機甲の後から○○を込めて。

お久しぶりですー。

イダーに行く理由は、
「イダーの宇宙港を他種族とカナリアから奪取する」
という目的のためだったと思いますよ。


追記
クルークエスト実装されたら乗せてくださいね(ぁ
  • 2006-06-06
  • フィム
  • URL
  • 編集

[C24] なるほd

って、フィムさん!ヽ(`Д´)ノ

形見(?)のTABCはまだ1発も使ってないよ(ぇ

そうかそうか、やっぱそういう理由だったか・・・

ストーリーちゃんとあるんジャマイカ・・・

セガ・・・っていうか、韓国側だとは思うが・・・

頑張ってくれ・・・orz

クルークエスト・・・乗せるって・・・
|'A`)アレヨ、新職実装ネタじゃないよ(ナニ
  • 2006-06-08
  • アセロラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

今一度RF Online

惑星ノバスはナイガー太陽系第五番目に位置する資源豊富な海洋惑星で、このナイガー太陽系とルーメン太陽系、それに暗黒小惑星群を加えた一帯が、「ノバスセクター」と呼ばれる宙域です。またアス大陸は、惑星ノバスの中でも最も埋蔵資源が多く、それゆえ各勢力の衝突も激しい主戦地域です(残りの二大陸には各勢力ともまだ足を踏み入れておらず、現状は未開の土地として残されています)。
 現在アス大陸の勢力分布は、中央の資源地帯を囲んできれいに三等分されており、北にベラート連邦、南にコラ神聖同盟、そして南西にアクレシア帝国がそれぞれ占領地域をもっています。


が、基本的なスタートライン。

「ベラート連邦」(ちなみに英雄の通り名は「約束を守るもの」)
 その進歩した科学文明を元に、銀河系全域を繋げる貿易航路「べラートライン」を開通させた種族。数多くの植民地と資源基地、貿易港をもち、支配下のさまざまな種族を連邦に編入させながら一時期は栄華を誇ったが、しかし先の戦争でアクレシアとコラの同盟に敗れて以来、没落の道を歩き始めることになった。
 現在は穏健派のべラート評議会と袂を分かち、独立のための武装闘争を行なっている。

「神聖同盟コラ」(ちなみに英雄の通り名は「ブラディアンの聖女・鉄の女王」)
「唯一神ディセム」を崇拝するコラの民は、一時期深刻な宗教的な内紛に巻き込まれた。「色の戦争」と呼ばれる争いがそれで、結果この内紛はダーク系列のフォースを扱う者たちの勝利となり、その後一人の法王を中心として強力な宗教国家、神聖同盟コラを建設する。
 コラの民にとって最も大切なのは彼らの神「完全な者」と呼ばれるディセムの意志を、全宇宙にかけて実現することである。
 コラには他の種族と比べ、精神的な文明が最も優れているという選民意識が存在する。

「アクレシア帝国」(ちなみに英雄の通り名は・・・あ、無いや)
極端な機械文明を成した種族。全体主義に近い帝国第一主義を掲げ、銀河系占領を画策していたアクレシアは、ベラート連邦という強力な敵に対し、神聖同盟コラと手を結んで挟撃するという戦略を展開。結果見事に連邦の勢力を減退させるに至るが、この共闘は帝国内部で分裂を生み、現在は神聖同盟軍と連邦軍を相手に、最後の戦いを挑んでいる。
<公式サイトから抜粋>
「ヘロディアンの脅威」
およそA.D.4000の頃には、人類は既に恒星間移動が可能な科学力を保有しており、銀河系全域へその足を広げ、数多くの太陽系を植民地としていました。
しかしその栄華も束の間、琴座宙域ヴェガ恒星系付近に本星を持つと思われる超科学文明「ヘロディアン」の侵攻により、人類は成す術もなく滅亡の憂き目に遭ってしまいます。
辛うじて生き残ったのは、ノバスセクターに殖民していたほんのわずかな人々だけでした。
自らの生体構造に致命的な打撃を与える物質「ホーリーメンタル」が含まれるノバスセクターにだけは、いかなヘロディアンといえども侵攻できなかったのです。
しかしヘロディアンはそこで諦めたわけではありませんでした。
今度は逆に、ホーリーメンタルによって悪影響を受けない人類を、研究のため利用することを思いついたのです。

「孤立」
人類を瞬時に滅亡に至らせたヘロディアンの生物兵器「アルカナウイルス」の脅威から逃れるため、ノバスセクターに生き延びた最後の人類たちは、外宇宙との完全断絶の道を選びました。
断絶という言葉には物質的な移動だけではなく、情報通信も含まれます。
そうして孤立した状況の中で、ノバスセクターの人類たちはそれぞれの住む惑星の環境に合わせて再び進化を重ね、文明を発展させていきました。
すなわち、コラの民は高度な精神文明を、アクレシア人は頑強な機械文明を、べラート人は精神と機械の調和によって成る中道的な文明を。

「第四勢力」
しかし一方で、完全孤立していると言いながらも彼らの経済や社会の中には他文明の形跡が少なからず見て取れます。最も分かりやすい例は、ノバスセクター全域に渡って通用する共通貨幣「ゴールド貨」でしょう。
ゴールド貨を流通させているのは、「キャラバン」という小規模な商人から国家に劣らぬ勢力を持つ貿易商までが集まる経済グループです。彼らは独自の交換比率と為替レートを持っており、それこそノバスセクターの中であればどんな相手とも取引をする、ある意味最も公平で公正な存在と言えます。

<公式より抜粋>

で、

「第5勢力、そしてDH」
「カルテル」という組織があります。
組織とはいっても実態は商人ギルドのようなもので、来る者を拒まず、去る者を追わず、結束力も弱く互いに助け合うようなこともありません。
彼らの共通する唯一無二の目的は、富の追求。
逆にそのような性格ゆえ、その構成員は種族を問わずノバス星系の中に数限りなく存在し、人知れず一大勢力を築いているともいわれます。

やはり複数の種族によって構成されている小規模の商人集団「キャラバン」との最大の違いは、その規模の大小もさることながら、結果(=利益)のみを重要視する姿勢にあるといえるでしょう。
つまり、利益が得られるならどんな汚い仕事にも手を染め、場合によっては殺人や破壊工作も厭わない闇の商人、それがカルテルなのです。
実際、惑星ノバスにおけるこの泥沼の戦争はもともとカルテルが仕掛けたものである、という見方が今ではどの種族内でも大勢を占める意見となっています(当然のことながら、彼らが扱う商品の中には武器弾薬も含まれています)。

カルテルの創始者であり指導者、ハイブリアと呼ばれる人物は惑星コラの出身で、ホーリーフォースとダークフォースの両方を操る異能力者だといわれていますが、実際に彼の姿を見た者はなく、その存在は長い間謎のベールに包まれていました。

しかし最近になり、彼の名が現実味を帯びて戦場の端々で囁かれ、あるいは聞かれるようになったといいます。その発端は、極寒の地や火山地帯のモンスターが稀に落とす、ある特殊な装置でした。

ごくわずかな時間ながら簡単に異次元への道を開くことのできるその装置は、もとはカリアナ族をはじめとする反カルテル組織のテロにあい、撃ち落されたカルテル輸送船の積荷だったことが判明しています。しかもその荷札に書かれていた送り主の名はハイブリア。
つまり惑星ノバスのどこかに彼は実際にいて、謎のオーバテクノロジーを使用した何かの研究を行なっている形跡があるのです。しかもそのオーバテクノロジーをハイブリアにもたらしたのは、おそらく・・・

惑星ノバスで各種族を束ねる管理人たちは、愚かにも早速この装置の謎を解明すべく研究者による解析を進め、同時に莫大な報酬を用意して危険な内部調査に挑む有志を募りはじめます。メインターゲットはもちろん、ひときわ異彩を放つ「ダークホール」。未知のテクノロジーのかたまりであるこの装置とその先に広がる異空間の構造を明らかにできれば、一気に戦局を変えられる可能性も見えるから。

しかし、やがて各種管理人たちはこの決断の愚かさを心の底から悔いることになりました。なぜならダークホールの正体とは・・・


<公式より抜粋>






さて・・・


この世界を構成している情報は、これ以外は各クエストに出てくる内容だけな訳ですが・・・

少なくとも、知らないよりは知ってた方が、多少はゲームをやっていても面白さが出て来るものだと思うのですが、いかがでしょう・・・

まぁ、情報が少ないですよね・・・このゲーム・・・

これから先への展望とかって新大陸への進出とか、カルテルの秘密を暴くとか、キャラバンの本体がどっかにあったりとか、DH作った人がまたどっかで暴れるとか・・・

いろいろな選択肢はあるものの、聖戦における鉱物資源の獲得がキャラバンによる経済の変動くらいしかないのがまず寂しい・・・
てか、これじゃぁ、カルテルが仕組んだって言うより、キャラバンが仕組んだように映るのはキノセイでしょうか・・・

あとクエストでもでてくる「ヘロディアン」の名前とか、現状では絵空事に聞こえちゃうしね(ぁ

それと「カリアナ族」が「反カルテル」という事実。
カルテルが聖戦という戦争・紛争を引き起こしたという認識が各種族で強いといいつつ、イダーではカリアナ狩らないいけない矛盾(ナニ

なんか虚しい(マテ

まぁ、実際問題鉱山での採掘が国力の増加に繋がってるのは事実なんだから、流れとしてはおかしくないとは思うが・・・
カルテルがもうちょっと噛んで欲しいなと・・・(ぁ

あと、気になるのは、エピソードで用意されてるのは「聖戦(三つ巴pvp)」から「自主族間抗争(gvg)」に移って(これはなんか変な競技らしいが)、その後「三つ巴のgvg」に流れて・・・といった感じで説明はあるけど・・・

物語は動くのか、ひたすら3種族は踊らされつづけるのか・・・

その辺はどうなんですかねぇ・・・pvpのシステムとか仕様とか、聖戦の異議とかPKとかより、気になってるのはナイショd(ぁ

あ、あと一点・・・

上にも書いたことに関係するけど・・・

なんでイダー行く事になってるんだっけ?

だれか覚えてる人いる?

確か種族管理人から毛玉から地図出せとか、α狩れとか言われてるけど、イダーの存在意義が語られた事無い気がするんだが・・・

たぶんほぼ間違いなく宇宙港だろうけど・・・

てことで、なんか長い文章は意味も無くここで終わり(ぇ

あ、追記・・・

要は、早くクルークエスト実装しろよってとこになるのかな(ナニ
スポンサーサイト

2件のコメント

[C23] 機甲の後から○○を込めて。

お久しぶりですー。

イダーに行く理由は、
「イダーの宇宙港を他種族とカナリアから奪取する」
という目的のためだったと思いますよ。


追記
クルークエスト実装されたら乗せてくださいね(ぁ
  • 2006-06-06
  • フィム
  • URL
  • 編集

[C24] なるほd

って、フィムさん!ヽ(`Д´)ノ

形見(?)のTABCはまだ1発も使ってないよ(ぇ

そうかそうか、やっぱそういう理由だったか・・・

ストーリーちゃんとあるんジャマイカ・・・

セガ・・・っていうか、韓国側だとは思うが・・・

頑張ってくれ・・・orz

クルークエスト・・・乗せるって・・・
|'A`)アレヨ、新職実装ネタじゃないよ(ナニ
  • 2006-06-08
  • アセロラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

アセロラ

Author:アセロラ
職業:潜伏デジタル幽霊
■ ■ ■ ■ ■ ■
過去履歴
たうるす:べら/職業:うぃざーど(47)/所属:nirvaaNa

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。